引退の村主章枝「これからが人生の本章スタートです。ありがとうございました」

印刷

   11月13日(2014年)、現役引退を発表したフィギュアスケート女子の村主章枝(33)がツイッターで今後について触れている。

   村主は2002年のソルトレイクシティ、06年のトリノと2度の冬季オリンピックに出場し、長らく第一線で活躍してきた。13日、都内で会見を行い、今後はプロの振付師(コリオグラファー)として活動すると明らかにしたという。

   ツイッターでは「みんな本当にありがとうございました」と述べ、「これからが私の人生の本章スタートです」と意気込みを語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中