一攫20億円!密漁サンゴ「洋上闇ルート」台湾業者が買い取り中国富裕層が購入

印刷

   赤サンゴを狙って小笠原諸島周辺に押し寄せる中国船団の密漁が続いている。海上保安庁によると、12日(2014年11月)にも117隻が確認されている。日中首脳会談で安倍首相が「前向きな対応」を求め、中国側は「必要な措置は取っている」と答えているが、実効ある措置が取られているかは疑わしい。「このままでは貴重な宝石サンゴがすべて採り尽くされるという最悪のシナリオに向かう」と危惧する声も出ている。

   「クローズアップ現代」は密漁グループに接触し、摘発を免れ違法操業を続ける闇グループの実態に迫った。浮かび上がってきたのは密漁船→台湾のサンゴ加工業者→中国の富裕層という闇取引のルートだった。

中国海上警察も手を焼く「漁船登録番号」偽装

   1年でわずか0.3ミリほどしか成長しない赤サンゴは宝石サンゴとも呼ばれ、この5年で価格が4.5倍に跳ね上がった。生息しているのは水深200メートルほどの海底で、小笠原諸島周辺は世界でも数少ない生息海域の一つになっている。乱獲を防ぐため、日本の漁船でも許可が必要で、小笠原諸島周辺で許可を得て操業できる漁船は5~10トン程度の小型漁船でわずか4隻だけだ。

   そこへ100隻を超える中国の大型密漁船が現れたのは9月だった。一時は200隻を超えたが、日中首脳会談の開催とともに半数が姿を消した。まだ居残っている100隻強の密漁船は一攫千金を手にするまで諦めない連中なのだろう。報道のカメラが100トンを超える中国旗を掲げた密漁船を撮影しても、甲板の乗組員はタバコを吸って動じる様子もない。ぬけぬけと網を入れて操業を続ける密漁船すらいた。

   登録番号から福建省の所属港を割り出し、訪れてみると密漁船と酷似した船が何隻も停泊し、甲板にはサンゴ漁に使う網やおもりが置いてある。密漁船団を取りまとめているという会社を突き止め、従業員に直撃したところ、こんな答えが返ってきた。

「自分たちが行っているのは日本の海。サンゴがあるならどこにでも行くよ。密漁している船は数えきれない。海上警察の目が光っていて、追い出されることもある。みんなは違法だと知っているが、こっそりサンゴを採るようにしている。運が良ければものすごい稼ぎになる。1回の漁で20億円ぐらい稼いだグループもある。5人だったからひとり4億円の儲けだ」

   密漁したサンゴは中国政府の監視をかいくぐって闇市場で売りさばいているというが、悪びれもせず堂々と話すのには驚く。おそらく、取り締まり当局へのワイロが効いているのだろう。

   もう一つの密漁船基地とみられる浙江省の漁港を取材すると、密漁船の実態と闇ルートの一端も見えてきた。船の登録番号からある会社を突き止め訪ねると、「船の番号はうちのだけど、うちの船じゃない」という。この会社は自社の魚船の位置をGPSで管理しており、「番号の船は中国沖で操業しており、勝手に番号を使われた」と話す。

「どうしても金が欲しい人がサンゴの密漁に手を染めるんだ。アヘンと同じ。漁業免許や登録番号がなくてもよそで手に入る。ちょっとした犯罪の感覚だよ」

   この証言通り、「写船号」という偽装を請け負う業者の看板が港のいたるところにあった。

海上保安庁たった5隻で取り締まり!罰金引き上げぐらいでなくなるか?

   では、密漁サンゴはいったいどこで売るのか。台湾に持ち込み、加工業者に売るのだという。加工業者は台湾産と偽って中国の富裕層に向け売りさばく。台湾は古くから赤サンゴの加工技術では世界的に評価されてきた。指輪やネックレスなどに加工されると値がハネ上がる。高額品は中国の富裕層が投機の対象として購入しているという。

   国谷裕子キャスター「台湾で加工され中国に輸出されるこの闇のルートはどういうものなのでしょうか」

   中国事情に詳しい拓殖大の冨坂聡教授はこう解説する。「ここが最も重要なポイントだと思います。これは、中国と台湾の経済格差が生まれた80年代に確立された洋上交易と言われるもので、台湾の漁師が自分で漁をするよりも、海上で中国の漁師がとった魚を買う方が儲かるという状況から生まれました。そのうち、魚の中に銃器や薬物、偽タバコ、偽札とかが入ってきて闇ルート化してきました。密漁サンゴをさばくのはお手のものというわけです」

   裏の洋上交易の目玉が日本の赤サンゴにとって変わったわけだが、海上保安庁は大挙押しかける密漁船団にたった5隻の巡視船で対応している。密漁船を1隻検挙すると、取り調べのために海上保安部のある横浜まで曳航しなければならない。その間、巡視船が減ることになる。苦肉の策として、密漁船の大きさから燃料は50日分と推定し、燃料が尽きるまで漁をさせないよう追い回す持久戦で対応しているという。

   政府は外国漁船の密漁に対する罰金額を引き上げる法改正案を検討しているが、多少引き上げても1回で20億円という一攫千金を前に効果あるのかどうか。

モンブラン

NHKクローズアップ現代(2014年11月12日放送「追跡『中国サンゴ密漁団』日本の海が狙われる」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中