錦織圭「みなさんありがとう。今年の5位という結果を誇りに思います」

印刷

   最後はダブル・フォールトだった。ネットに歩み寄った錦織圭選手(24)はノバク・ジョコビッチ(27)との握手も力なかった。錦織の輝かしいシーズンはちょっとさびしく終わった。

勝ちを意識?ミス連発で完敗ジョコビッチ戦

   ジョコビッチは過去2年間、室内コートでは無敗の30連勝だ。この日の準決勝でも、その勢は続いていた。第1セットはわずか23分、1-6でジョコビッチが制した。各地のカフェで見守るファンからもため息がもれた。しかし、ここから錦織が反撃する。

英国でも声援多かった

   第2セットは見違えるような動きで多彩なワザを連発し、6-3でセットを奪った。今年のATPツアー・ファイナルで、ジョコビッチは1度もセットを落としていなかった。錦織のジョコビッチとの対戦成績は2勝2敗。記憶に新しいのは9月の全米オープン準決勝だ。4時間を超える接戦の末に破った。それも絶好調の相手に勝ったのだった。今季、錦織はファイナルセットまでもつれた試合の成績は21勝2敗、勝率は9割を超える。だれもが全米オープンの再来を信じた。

   しかし、そうはならなかった。ミスの連発で流れを自ら潰す展開になり、1ゲームもとれない0-6で完敗した。錦織の熱血師匠の松岡修造は「ボクも勝つと思っていたんですけどね。圭も勝つと思ったんでしょう。だから負けた。大きなワナがあった」という。

   それは第1ゲームのことだ。2度のブレークチャンスをミスで潰してゲームを奪われた。「第2セットからのテニスが崩れちゃったんですね。自分で崩した」と松岡はいう。

今年の総決算「54勝14敗」「賞金5億円超」

   錦織は会見で「この1週間、いろんなことを学べた」と言葉少なだった。ツイッターでも「みなさんありがとう。今年の5位という結果を誇りに思います。2015年にまた会いましょう」とだけ。

   今年を総決算するなら、トータルで54勝14敗、獲得賞金は5億円を超えた。10年にはわずか1922万円だった男だ。

   司会の小倉智昭「ロンドンの会場では錦織への声援が多かったんだって?」

   明らかにそうだったらしい。錦織が今大会に残した言葉があるが、そのひとつに、これまで勝ったことがなかったマレー選手のとき、「違う選手になったと自分で思い込んでやっていた」というのがある。

   夏野剛(慶應大大学院特別招聘教授)「言うのは簡単だが、やるのは大変なことですよ」

   小倉「違う選手になったっといくら思っても、変わってなければねえ」

   今年はまだひと試合ある。今週土曜日(22日)に「日清食品ドリームテニスariake」でアンドレ・アガシ選手と対戦する。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中