2018年 8月 15日 (水)

馬鹿はウイルスが原因だった!米大学が発表「感染すると知能低下」

印刷

   アメリカの学者がバカになるウイルスを発見し、感染の有無ではっきりとお頭の働きに違いが出たという。これ大真面目な話らしい。司会の小倉智昭は「ボクはこれにかかっていたことがわかった」とギャグにしていたが、自分は大丈夫なのか心配になる。

感染グループは悲感染グループより10%も低い「情報処理能力」

   アメリカのニュースサイト「International Business Times」によると、「人間を愚かにする脳変換ウイルス」なるものを、ジョンズ・ホプキンス大学のロバート・ヨーケン教授が発見した。注目したウイルス「ATCV-1」は世界中の湖や池などに生息し、緑藻類に感染するが人間には感染しないと思われていた。ところが、人間にも感染することがわかって、研究チームの92人を調べたところ、44%が感染していた。

体調が悪かっただけ

   そして、「情報の処理速度や正確性」「集中力の持続時間」などをテストしたところ、感染グループは非感染者のグループより10%も低いことがわかったという。感染すると「知能を低下させる」ことが確かめられたというわけだ。

   菊川怜キャスターは「体調が悪かっただけでしょう」とてんで信用しない。小倉は「子どもの頃近くに池があって、そこでよく泳いだ。そのせいかもしんない」と笑う。

世界中の湖沼に生息する緑藻類の「ATCV-1ウイルス」

   笠井信輔ニュースデスク「結構、真面目な実験のようですよ」

   マウスに感染させると、迷路で迷ってしまうとか、新しい条件を作っても気付かないとか、はっきりとした違いがあるという。このニュースにネットではさまざまな声が集まっている。「バカになるウイルスが見つかったんだって」「この人は多分バカになるウイルスに感染していると思う」「私の頭が悪いのはウイルスのせいだったかも」

   小倉「空気で感染しようものなら大変なことになる」

   山中章子アナ「感染経路なんかはわかっていないそうですが...」

   梅津弥英子アナ「病気とは関係ないの」

   山中「人体には影響ないが、認知能力に関係するということです」

   だれも信じちゃいないが、信じてみたくもなるような...。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中