「青酸化合物連続不審死」筧千佐子スッ呆けてた8か月前「私がいちばん不幸...」

印刷

   京都府向日市と大阪府貝塚市で死亡した男性2人の体内から青酸化合物が検出され、京都府警は19日(2014年11月)、妻や知人の筧千佐子(67)を殺人容疑で逮捕した。筧は容疑を否認しているが、京都府警は連続殺人事件と見て捜査本部を設置し調べている。

周辺で次々に男性死亡

   筧は昨年(2013年)12月28日ごろ、日向市の自宅で夫の勇夫さん(当時75)に青酸化合物を与え中毒死させた疑いがもたれている。2人は2か月前に結婚相談所を通じて知り合い、前月に結婚したばかりだった。

どこで入手?

   さらに、12年3月には筧が交際中だった貝塚市の本田正徳さん(71)がバイク走行中に縁石に接触し転倒して死亡した。司法解剖で死因は「突発性の心停止」による病死と判断されたが、向日市の事件との関連で今年6月に保管していた血液をあらためて検査したところ、やはり青酸化合物が検出された。本田さんはマンションを所有していたが、筧が相続してその後にマンションは売却されている。

「残った私が全部嫌疑をかけられて悔しい」

   筧は夫殺害の疑いが浮上した今年3月、報道陣の取材に応じ、カメラの前で2時間以上にわたって身の潔白を訴えていた。「その日、お餅つきをしたんです。(夫が)夜6時にパソコンをしに2階に上がった。9時半に起こしに行ったらパソコンの下の畳で倒れているのが発見されたんです。その場ですぐ救急車を呼んだんです。私は震えましたね。えっ、と思った。だって想定外ですもん。一番最初に思ったのは、2人暮らしでこんなことになったら、私ってなるやん。それが一番ショックで」

   なぜ真っ先に病気と考えないで殺害と思ったのか。はなはだ不自然だが、続けて、「私が青酸化合物を手に入れる手段はないですよ。どんなして手に入れるんですかと言いたい。残った私が全部嫌疑をかけられて一番悔しい。なんでやねんと運命を逆に恨みたくなりますね」

   筧の周辺では、他に結婚、交際中に死亡したケースがある。最初の夫と死別した1994年から昨年までの間に、今回の2人を入れて計6人が相次いで死亡し数億円の遺産を相続しているという。

   井上貴博アナ「なかには兵庫県のケースもあって、府県警にまたがっており、どう連携をとっていくか。さらに青酸化合物をどこで入手したかが今後の焦点になりそうです」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中