「新語・流行語大賞」あなたはどれ?「ダメよ~ダメダメ」「レジェンド」など50語

印刷

   年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」の2014年ノミネート50語がきのう19日(2014年)に発表になった。ずらりと並んだことばの数々を見ていると、この1年が甦ってくる。居酒屋で一杯やりながら、ああだこうだとやるネタにはなる。

「STAP細胞」「ゴーストライター」「号泣県議」なんていうのもあったなあ

   「とくダネ!」真っ先に取りあげた印象深いひと言は「STAP細胞はあります」だった。世紀の大発見と騒がれながらついえたSTAP細胞の会見で、番組リポーターの田中良幸が「STAP細胞はあるんですかないんですか」と発した問いに、理化学研究所の小保方晴子研究員はこう答えた。

やっぱり錦織圭の...

   司会の小倉智昭のイチ押しはむろんこれ。「『とくダネ!』が引き出したことばだから」

   「号泣会見」もあった。野々村竜太郎・元兵庫県議の政務活動費の使途疑惑で飛び出し、映像は世界中に流れた。地方議会議員の不明朗な金の使い道にメスが入るきっかけにもなった。

   「ゴーストライター」は耳の聞こえないと言っていた佐村河内守氏の曲を、実は作曲家・新垣隆氏が書いていたという話。「指示されるまま曲を書き続けた私は共犯者です」と告白し、佐村河内氏も「ウソ」を謝罪した。むしろ言葉としては、「偽ベートーベン」じゃないか。

   お笑いから出た言葉は少なく、日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」がノミネートされた。意味不明ながら、どうにでも使える。街で聞いたら、「触られたので、ダメよ~ダメダメといいました」などという。

   ソチ五輪でスキージャンプの葛西紀明選手が発したのが「レジェンド」。オリンピック7大会連続出場は大記録だが、栄冠には無縁だった男が、40を過ぎてつかんだ「個人で銀、団体で銅」。おまけに結婚までした。

「ありのままで」興行収入1254億円、観客動員2000万人

   大ヒットのアニメ「アナと雪の女王」からは、「ありのままで」と「レリゴー」の2つがノミネートされた。16週連続興行収入1位、計254億円、観客動員2000万人は歴代2位を記録した。

   社会現象となったドラマ「昼顔」。夫以外の男との恋という古い話がそんなに?というほどの人気となった。ほかに、アニメに出て来たシーン、男性が女性に迫って壁にドンと手をつくのを「壁ドン」というのだそうだ。女性はキュンとなるというが、「ダメよ~ダメダメ」だって多いはずだ。

   菊川怜キャスターは、テニスの錦織圭の「勝てない相手はもういない」

   梅津弥英子アナは「タモロス」。「笑っていいとも」が終わったんだったね。

   小倉「素顔のエレキテル連合に会ったけど、わかりませんでした」(笑い)

   まだまだいろいろ。リストを手に入れて眺めてみよう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中