2018年 9月 19日 (水)

「首輪付けた飼い犬」小学生に次々噛みつき!警察は過失傷害で飼い主捜査

印刷

   大分県・中津市できのう19日(2014年11月)、赤い首輪をつけた犬が登校中の小学生ら7人に次々に噛みついた。「倒れた男の子をはげしく噛んでいた」「犬はほぼ怒り状態。友達が2、3人くらい噛みつかれた」

   近所の住人や友達が犬に噛まれた小学生はこう話す。

ノーリードは条例違反

   犬はそれから約2時間後、住宅街にいるところを警察官が発見し確保した。犬は首輪をつけていたことなどから、どこかで飼われていたものと考えられ、警察は過失傷害の疑いもあるとして飼い主の特定を急いでいる。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「河川敷なんか歩いていると、ノーリードの人がいっぱいいて、非常に危ないんですよ。条例違反にもなるんですけど、(犬を)放せば、こういうことになりますよということですね」

   松尾貴史(タレント)「飼ってる人は、『ウチのコは大丈夫』って、みんな思ってるんですよね」

   玉川「ウチのコじゃないからね。ウチの犬だからね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中