相葉ちゃん芸能活動引退考えたあの時...肺気胸でダウン2度!「もう無理かもしれない」

印刷

徹子の部屋(テレビ朝日系11月24日正午~)>相葉雅紀はこれまで2度も肺気胸を起こし、引退を考えたこともあったという。最初は2002年の右肺気胸でハワイでのイベント1週間前だった。「再発しやすい病気だよって言われて。だけど俺、これから、歌って踊ってってやりたいのに、ちょっと、もしかしたらもう無理かもしれないってところまで、自分の気持ち的に落ちちゃって...」

   芸能活動の引退も考えたと話す。「ハワイにも、行けたのは行けたんですけど、4人がステージで歌って踊ってんのを、ファンのみんなと一緒に袖で見るっていうのをやって、すごい悔しいし、申し訳ないし。でも、また破れたらどうしようとか考えました」

いまは健康第一で「野菜と納豆とって、腕立て伏せや腹筋」

   9年後に今度は左肺気胸を起こしたが、以前乗り越えた経験があるため頑張れたという。今は「健康第一」だと実感し、野菜や納豆などをとるように気を使ったり、自宅で腕立て伏せや腹筋をやって体力をつけていると明かした。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中