超一流食べ物職人たちの隠し技「ラップが決め手」!?奇妙に思って見てたら...ああ、メーカーさんが番組スポンサーなのね
<ジョブチューン☆アノ職業のヒミツぶっちゃけます!>(TBS系)

印刷

   この日は「超一流職人が大集結SP」で、フランスパン職人、こんにゃく職人、ソーセージ職人、豆腐職人、チーズ職人、醤油職人、納豆職人、八丁味噌職人、千枚漬職人、刀鍛冶、陶芸家と、11人の職人をスタジオにむかえて、ぶっちゃけ話を披露するものだった。

「納豆がいちばんおいしく食べられるのは賞味期限ぎりぎりです」
「味噌パックの中の白い紙は捨ててかまわない」
「こんにゃくは冷蔵庫に入れる意味なし。常温でも1年は持つ」
「豆腐をおいしく食べるためには水にさらしてはいけない」
などなど。目からウロコというか、知らなかったことがたくさんあったので得した気分だった。
   なぜ豆腐を水にさらすといけないかというと、旨味が水に抜けてしまうから。パックの豆腐が水に入れて売られているのは、運搬の途中で崩れないためだという。豆腐を保存する際はザルか皿に入れ、ラップで覆うといいらしい。真空パックのチーズはそのまま冷蔵庫に入れず、真空パックから出して、ラップで保存するのがベスト。フランスパンもラップして冷凍し、食べるときに霧吹きで水をかけてオーブンで温めるとできたての美味しさを味わえる。味噌も白い紙を捨てラップで上から軽く覆うのがいいとのこと。
   なんだか、やたらラップ、ラップと言われるなと思ったら、ラップメーカーがスポンサーだったというオチが...。(放送2014年11月22日19時~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中