2018年 9月 22日 (土)

世界最薄「シールタイプ印鑑」台紙をはがして転写―財布や手帳に挟んで持ち運び

印刷

   財布に入れたり、手帳に挟んだりできる「世界最薄」の「スマート印鑑」なるものが開発された。まずは日本で多い名字100種類の印鑑を発売し、今後は種類を拡大していく予定だという。

   このスマート印鑑はハンコ風シールのようだが、「転写方式」になっている。下の台紙をはがしてシートの上から印影を押しつけると転写され、シールのように簡単に貼れるがはがれない。ゴルフボールにイラストなどをプリントするときに使う転写技術を応用したという。

会社や公共機関で通用するか?

   実際に印鑑として認められるのかを、開発元が会社、病院、学校、公共機関など約200か所で調査したところ、じつに97.4%の場所で受理されたという。却下されたのは、会社の見積書に使ったところ、上司から「ちゃんとした印鑑を使え」と言われたケースだった。

流行るかも

   司会の羽鳥慎一「これから(普及していけば)、これ(スマート印鑑)も『ちゃんとしてるね』となるかも」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中