2018年 9月 24日 (月)

坂上忍のマネジャーのメッセージ縦読みしたら「や・め・た・い」

印刷

   タレントの坂上忍(47)が11月26日(2014年)にブログを更新して、テレビ番組内でマネージャーから贈られたメッセージがネットで議論を呼んでいることにコメントした。

   24日放送の情報バラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)で、約1年前からマネージャーを務めている路(みち)さん(30代男性)の以下のようなメッセージが披露された。

「TO:忍さん
やっと今年も終わりますね
めいわくばかりで
たいした仕事もできませんが
いつまでも働かせてください
FROM:路」

   はじめは「普通だったらとっくにクビだと思う」「(関係が)ガチで冷え切ってるよ」と話していた坂上だが、メッセージを贈られた直後に涙をこらえるような表情を見せるなど「雪解け」ムードを漂わせていた。

坂上「流行ってるんですかね。全然知らなかった」

   ネットでは各行の先頭文字をつなげて「やめたい」に読めると気付いた視聴者が「完全に病んでる」「誰か助けてあげて」と騒ぎになった。

   ブログの冒頭で「縦書きって流行ってるんですかね。全然知らなかった。なんか、刑事モノのドラマみたい」と話したが、その後、縦読みの中身に触れることなく、今までもブログなどで繰り返してきた路さんへの「注文」になった。

「1年以上経過したとはいえ.....う~ん。でも、未だ遅刻は一度もなし。ですが、いつまでも遅刻なしで褒められてるようじゃね。まぁ、本人次第です。自分の、人生ですから。続けるもよし、辞めるもよし」
「続けるからには.....。覚えること→成長→自然に出世.....ですから。その場、その日にミスを犯さないが前提では.....無理です」

とクギを刺した。

   最後に「横書きでも、縦書きでも...ヨシ」と書くなど、縦読みの内容にあまり興味を示していない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中