出川哲朗「初めての事に挑戦する大谷翔平はカッコイイ!俺はヤクルトファンだが」

印刷

   お笑いタレントの出川哲朗(50)が11月26日(2014年)、プロ野球の北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手についてブログで熱く語っている。

   「プロ野球を愛している」という出川は「とんでもない事に挑戦している男」として大谷選手を挙げる。「とんでもない事」とは投手と野手を兼任する「二刀流」。

   「二刀流」挑戦には当初「おい日ハム、栗山監督、大谷を客寄せパンダにするな!」と猛反対したそうだが、「その考えは、間違いだった」「今では、この道に導いてくれた栗山監督に感謝している」と話した。

   そして「プロ野球史上、誰もなし得なかった二刀流のパイオニアになってもらいたい」と絶賛、「アジアでたった1人の1万メートルスカイダイビング」「100メートルゴムパッチン」「クマとディープキス」など自分の過去の挑戦に触れながら「初めての事に挑戦する男はカッコイイ!」と持ち上げた。

   なお、ブログの冒頭で「俺はヤクルトファンだが」と断っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中