出世する男はセックスも上手い!経営も女性扱いもマネジメント能力

印刷

   『週刊現代』の「『出世する』セックス」というタイトルを見てどう思われるだろうか。私の編集時代に「出世するお中元 出世するお歳暮」という企画を考えたことがある。その頃はまだ盆暮れに上司に「付け届け」をすることが一般的に行われていた時代であった。

   亭主もそうだが、奥さんはどんなモノを贈ったらいいか毎回頭を悩ませる。こうしたモノを贈ると亭主の株が上がり出世につながるという贈り物があれば、読者に受けるはずだ。早速、部員に企画を話してやってもらったが、若い編集者の彼には切実な問題ではなかったこともあったのだろう、出来上がった原稿はおもしろくも何ともなかった。

   だが、この企画そのものは今でも気に入っている。どこぞの週刊誌でやってみませんか。今回の週刊現代の「出世するセックス」、出来栄えはどうか。記事によれば、セックスの上手さと仕事の能力は驚くほど比例していると、女性たちは口をそろえるそうだ。どちらも「感情を持つ人間」を相手にする営みであるため、その場面その場面でさまざまな能力が必要とされるからだ。

   出世する人は相手の女性の気持ちだけでなく、一緒に過ごす時間を最初から最後まで総合的にマネジメントできなければいけないそうである。経営コンサルタントで心理コーディネーターでもある織田隼人氏がこう語っている。

<「男性は女性を『コントロール』したがりますが、コントロールとマネジメントは以て非なるものです。コントロールは工場生産の場面では有効ですが、知的生産の分野ではうまくいきません。知的生産である経営も男女関係も、部下や女性の気持ちを汲み取るマネジメントが必要です。
   具体的には、男性と女性では見えている世界が全然違うことを意識して相手を思いやること、嫌がらない範囲でやや強引に振る舞うこと、褒めながらモチベーションを上げること、これらすべてです。
   経営学者のピーター・ドラッカーは、『知的労働者は、自らの意思で参加するボランティアとして扱え』と言いました。
   これは女性に対しても同じで、『目の前の女性は、私とボランティアで遊んでくれている人だ。では、どうすればこの人がもっと自分と楽しもうという気持ちになれるのだろうか』と考えましょう」>

   都内で働く25歳のOLは会社の取締役(54歳)と不倫中だそうだが、彼女の言葉がいい。<「自分がしたいことをする男は二流だけど、こちらがしてほしいことをする男は一流ですよね」>

   まことにその通りであるが、なかなか難しい。セックスも仕事の上での人間関係もコミュニケーションやマネジメントが大切というのは何となくわかるが、当たり前すぎてもうひと工夫ほしかったと思う。

向井理、西島秀俊、ダルビッシュ有はなぜモテる?そろって婚約や交際公開

   向井理、西島秀俊、ダルビッシュ有は当代のモテ男だそうである。その3人がそろって婚約や交際中だと公表したから、女性たちから悲鳴が上がったそうだ。

   ゲゲゲとちゅらさんの結婚と『週刊新潮』が書いている向井理(32)と国仲涼子(35)。12月下旬(2014年)に入籍すると伝えられているそうだ。向井と国仲の交際が始まったのは2年前に遡るとスポーツ紙の芸能担当がこう語っている。

<「最初は向井の事務所は2人の結婚に反対していたと聞いています。『1年待て』と言われ、1年たったら『もう1年待て』と言われたようです。しかし、国仲はもう35歳。子供を産むなら早いに越したことはない、すでに2年待ったので、もういいだろうと結婚に踏み切ったのだと思います。
   国仲は3歳年上ですが、どちらかといえば引っ張っていってもらいたいタイプ。向井は気の強い性格ですが、前々から『結婚するなら、自分と違うタイプが良い』と言っていました。そういう意味で控えめな国仲と向井の相性は良かったのだと思いますね」>

   お次は結婚したい男ナンバーワンの西島秀俊(43)。『週刊文春』によれば10月19日の報道各社宛のファクスで結婚を報告したという。2人については、『フライデー』(5月2日号)が渋谷区にある瀟洒なマンションで西島が彼女と半同棲生活を送っていると報じた。3年間の交際が実を結んだのだ。

   フライデーが張り込みに成功した当時、彼女は某自動車メーカーのコンパニオンだった。だが、彼女は学生時代にはカメラ小僧の間でちょっと名の知られた地下アイドル的存在だったそうである。<「女子大生イベントコンパニオンとして有名でしたが、素人カメラマンを集めた撮影会もやっていて、まるでアイドルみたいでした」(地下アイドル事情通→こんなのがいるんだね)>

   「16歳下とはいえ、ハードボイルドなイメージの西島の妻としては少し軽薄なようにも」と週刊文春は心配してるが、2人には余計なお節介であろう。

   ダルビッシュ有(28)も女性関係なら西島、向井にひけはとらない。これまでもプロゴルファーの古閑美保、明日花キララや横山美雪といったAV女優、フジテレビの加藤綾子アナとのデートなど、さまざま報じられている。だが、今度のはちと違う。バツイチだが元レスリング世界王者の山本聖子(34)なのだ。ダルのツイッターに仲良く抱き合っている2人が写っている。

   山本のところはレスリング一家だ。父親の郁榮氏はミュンヘン五輪の代表選手、姉は美憂で兄はKIDである。聖子は4度の世界選手権制覇をしている。このレスリング一家にダルの血が入れば、どんな凄い子どもが生まれるか。父・郁榮氏に、「お孫さんを期待しているのでは?」とインタビューをしている。

<「ははは、そんなの思ってないよ(笑)。
   ただ、イラン(ダルの父親はレスリングが国技のイラン人=筆者注)はアジア圏でも(レスリングが)一番強い。遺伝子的に見たら、(ダルは)もう最高ですよ。才能というのは遺伝がベースだから。遺伝的な良さがない人がいくら努力しても、ある程度のところまでしかいけない。世界で優勝するか二番手になるかの違いはそこです」>

   なにしろ、聖子の全盛期は後輩の吉田沙保里が歯がたたないほど強く、吉田との通算成績も5勝5敗の五分。吉田が119連勝する前に最後に負けたのも聖子だった。

   ダルもそろそろ自分の父親の遺伝子をどう受け継いでいったらいいのか、考え始めたのだろうか。

青酸化合物連続殺人・筧千佐子「8億円の相続遺産」吸い上げた先物会社営業マン

   だいぶ前から週刊誌で話題になり、疑惑を報じられていた筧千佐子容疑者(67)が京都府警に殺人容疑で逮捕された。直接の容疑は「京都府向日(むこう)市鶏冠井(かいで)町の民家で昨年12月、無職筧(かけひ)勇夫さん(当時75)が死亡し、体内から青酸化合物が検出される事件」(朝日新聞11月19日付)

   連日ワイドショーが報じているが、彼女の周りで結婚相手や交際していた男の不審死が多発している。彼女は男を探すために結婚相談所にも申し込んでいたようで、相手の条件は70歳以上で資産家か年収1000万円以上というものだという。こんなバーサマになぜ男たちが群がったのか、本当に彼女は連続殺人犯なのか。

   週刊現代によれば、彼女と交際していたパートナー10人以上が「怪死」しているというし、介護ヘルパーをしていた時期にも、訪問先の独居老人が死んでいたと報じている。彼女の動機は単なるカネ欲しさのためなのだろうか。金融商品に投資して大損し、今は借金を抱えているという報道もある。

   それにどこで青酸化合物を手に入れたのであろう。週刊現代は2人目の夫が兵庫県西宮市で薬局を営む男性(結婚して2年後に死亡)で、11歳年上だったというから、ここから持ち出したのだろうか。

   週刊現代が逮捕前に「勇夫さんの件以外で取り調べを受けたことは?」と質問をすると、「ないです。だって、今回以外で殺人していませんし。あ、ちゃうちゃう一度も殺人はしてません!」と答えている。薬物で死亡させたとするとなかなか立証が難しいことを彼女は読んでいるのであろうか。

   週刊新潮は「これぞ週刊誌」という視点から事件に迫っている。京都府警が彼女の自宅など数か所を家宅捜索して、千佐子名義の通帳を10冊以上押収したが、銀行口座の残高はゼロだったという。彼女が『稼いだ』10億円もの大金はいったいどこに溶けて消えてしまったのかを追っているのだ。横並びから一歩抜き出た切り口である。

   捜査幹部が重い口を開いてこう語っている。<「千佐子はマンション投資をしていたし、ねずみ講に手を染めていたのも事実。しかし、そんなもの10億円という大金からすれば端金に過ぎない。彼女が大枚を叩いて投じていたのは、ありとあらゆる金融商品。良い時もあったようだが、最終的に約8億円を損している」

   彼女が一番熱心だったのは先物取引だったという。だが、先物取引に関しては元銀行員の彼女も素人だから、毎回勝てるはずがない。「死の自転車操業」(週刊新潮)といったところだが、彼女が投資していた先物取引の種類を府警担当記者が説明する。<「初期段階は、比較的値の安定している金。次第にバラジウムや白金などの、ハイリスク・ハイリターンのギャンブル性が高いものにシフトして、途中からは一任勘定という方法で投資していました」>

   一任勘定とはどんな運用方法なのか。先物会社社員がこう話す。<「一任勘定とは、取引内容をすべて我々に任せることを言います。つまり、丸投げですね。ただし、投資家の自己責任の原則に反するので、法律で基本的には禁じられています」>

   それを知っていてあえてやったのであれば、彼がやったことは犯罪で逮捕されても不思議ではないそうである。先の府警担当記者も<「千佐子の犯行の動機は、金銭欲。その異常な欲求を利用した先物会社の営業マンは、彼女が夫を殺害して遺産を手にしていたことに薄々気づいていたはずです」>と指摘している。欲に目が眩んだ女と、その女のカネを奪い取った営業マン。どちらが本物のワルなのか。これからの捜査が見物である。

エイズ感染知って連続レイプ!あまりにショッキングで新聞・テレビも報じなかった49歳男

   週刊現代がエイズ感染告知後に5人の女性をレイプした強姦魔のことを報じている。11月14日、横浜地裁は判決文で「被害者らが感じた恐怖と絶望と屈辱は、想像を絶するものがある」といっているほど許し難い犯行である。被告人は三木英夫(49歳)。罪状は強姦、強姦致傷、住居侵入、窃盗で、懲役23年の実刑判決だった。

   三木は5人の見知らぬ女性を次々と強姦した後、金品を盗んだ容疑で神奈川県警に逮捕されていた。5人の女性をレイプしたという事実だけで十分すぎる非道な事件だが、この事件ではそれを超える特殊な事情が逮捕後に明らかになった。三木はエイズウイルス(HIV)に感染していたのだ。しかも、そのことを知っていながらレイプに及んでいたというのである。事件を取材した全国紙記者がこう語る。

<「自身がHIVに感染していることを認識していながら、無差別に女性をレイプするなんて、国内では前代未聞です。
   しかし、この事件はテレビも新聞もほとんど報道していません。被害者への配慮というのがタテマエですが、『あまりにショッキングで、扱えない』というのが正直なところでした」>

   検査の結果、被害女性の中にHIV感染者はいなかったというから不幸中の幸いではあるが、酷い奴がいたものである。

麻田奈美40年前の林檎ヌード!グラビア対決は「週刊ポスト」優勢勝ち

   最後に週刊現代と週刊ポストのセクシーグラビアを紹介しておこう。今週両誌は40年前の「林檎ヌード」で一世を風靡し、テレビCMや歌手デビューしたが、わずか6年で芸能界を引退した麻田奈美を再び取り上げている。週刊現代のほうは週刊ポストより発売日が遅れた関係からか「袋とじ」である。

   彼女の豊満で可愛いヌードがブームのようだ。12月24日に写真集の第2弾が発売され、来年3月には第3弾も出るそうである。

   同じようなカットはあるが、点数では週刊現代のほうが多い。だが、大きく写真を使って迫力を出しているのは週刊ポスト。先に『アサヒ芸能』でやっていたが、大場久美子「54歳の堂々ビキニ」もあることだし、今週は週刊ポストの優勢勝ちだ!

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中