亀田興毅「俺の油絵が意外にも好評で、売って欲しいと言われる事もある」

印刷

   プロボクサーの亀田興毅(28)が11月27日(2014年)、自分の油絵をブログに公開した。

   朝日に染まる晩夏の富士山、いわゆる「赤富士」を描いたもので、色に細かい濃淡をつけて幻想的な風景を浮かびあがらせた。

   油絵が趣味という亀田。「(絵を)売って欲しいと言われる事もある」「色んな人から譲ってほしいと言われ、部屋に飾りたいから貰うのは悪から買いますと言われた」(原文ママ)とその評判は上々のようだ。

   しかし、あくまでも「ただの趣味で素人」との認識で、「(絵は)いつもプレゼントする」という。「俺の絵を飾って貰えてるだけでも幸せ」と正直な思いを綴っている。

   ブログの最後では「引退後は絵描きになろうかな」と意外な発言も飛び出した。11年に71歳で亡くなった日本画家、山本集(あつむ)が「憧れの画家」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中