2018年 9月 25日 (火)

NHK朝ドラ「マッサン」さすがに息切れ?2週連続で平均視聴率20%割れ

印刷

   好評なNHK連続テレビ小説「マッサン」は番組スタート以来、週間視聴率で20%台が続いていたが、11月17日(2014年)からの第8週は19・3%、24日からの第9週は19・9%にとどまった。

   ドラマはマッサンの亀山政春がヒロインのエリーに尻を叩かれて、鴨居商店で初の国産ウイスキー作りに踏み出すという前半のヤマ場だが、それまでいじめや嫌がらせに堪えるヒロインから、コメディータッチの展開になっている。お年寄りの視聴者が戸惑っているのかもしれない。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中