尾木ママ「『保育所うるさい!』なんて寂しいなぁ。子どもの声が『元気で可愛い』と思える社会になりたい」

印刷

   教育評論家の尾木直樹・法政大学教授(67)が12月4日(2014年)、都心の保育園に「子供の声がうるさい」という苦情が寄せられていることについてブログでコメントした。

   読売新聞(12月4日付)によると、訴訟に発展した事例もあるといい、住宅街などでは対応が難しくなっているという。尾木は「小さな子どもの声が『騒音』とは悲しいなぁ」「子どもの声は『除外』にして欲しい」と述べ、「問題については個別に知恵絞りいい関係をつくることが大切だ」と提言した。

   「子どもの声が『元気で可愛いなぁ...』って思える社会に日本もなりたいと思うのは尾木ママだけかしら?」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中