アギーレ監督『八百長疑惑』事情聴取!「プロの指導者として一切コミットしていない」

印刷

   スペインで八百長疑惑が取りざたされるサッカー日本代表のアギーレ監督を日本サッカー協会が2時間にわたって事情聴取した。監督は潔白を訴えたが、来年2015年1月のアジアカップをひかえて影響を心配する声があがる。

日本サッカー協会が2時間

   疑惑が持たれているのは、アギーレが監督を務めたスペイン1部リーグ「サラゴサ」が2部リーグとの入れ替え戦に2-1で勝って残留を決めた試合だ。地元メディアが「チーム間で金銭のやり取りがあり、アギーレ監督もかかわった疑いがある」「検察庁がアギーレや関係者を起訴する」と一斉に報じた。

tv222521_pho01.jpg

   サラゴサの会長が監督と選手9人に90万ユーロ(当時のレートで約1億円)を振り込んでから回収し、相手側に金額を上乗せして120万ユーロを振り込んだという。この対戦チームはすでに残留を決めていて、前の試合からメンバー5人を入れ替えていたことも疑惑を深めている。

   アギーレ監督は10月に「記事で知った。2年以上前の話だ。私はスペインで400試合以上を指揮してきた。心配いらない」と語っている。きのう4日に再来日したアギーレ監督は日本サッカー協会の聞き取りに「プロの指導者として一切コミット(関係)していない」と疑惑を否定した。協会の三好豊弁護士は「現時点では監督の言うことを信用する以外にない」としている。

スペイン検察「必ず起訴する。証拠もある」

   一方、スペイン汚職対策特別検察の担当検事は、アギーレ監督を近日中に起訴する方針を明らかにした。「十分な証拠がある」としており、裁判が始まれば出頭を求められる。

   司会の夏目三久「真偽はわかりませんけど、選手が混乱しないといいですね。何が疑惑で、どんな影響があるのでしょうか」

   問題の試合映像を見たスポーツジャーナリストの石井紘人氏は「サラゴサが得点したフリーキックに相手の壁がばらばらで、ちょっとひっかかります。守りの寄せも甘い。ゆるい試合だという気はするが、それがレベルの低さか八百長か、プレーから判断するのはむずかしい」という。あれ? 八百長疑惑は「試合中にわざと負けた」のではなく、あえて一線級の選手を並べなかったことじゃなかったけ。

   アギーレ監督は「2月に供述する必要があるが、アジアカップは1月だから支障はない」と協会に話している。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中