シベリア版「忠犬ハチ公」死んだお爺さん毎日見舞い...雑種犬マーシャ

印刷

   飼い主のお爺さんが脳梗塞で倒れ病院で亡くなったのに、1年間も病院に通い続ける犬が「シベリア版忠犬ハチ公」とロシアで話題になっている。シベリアの中心都市ノボシビルスク市で8歳ぐらいの雑種犬マーシャは、お爺さんに可愛がられていた。ところが、昨年12月(2013年)、お爺さんが脳梗塞で入院し、マーシャは朝見舞いに行き、夜になると自宅に戻るのが日課になった。

いまは病院の番犬

   お爺さんは今年1月に病院で亡くなったが、そうとは知らないマーシャは病院に行く日課が続いた。けなげなマーシャに病院職員や患者が食事を与えるなど世話をしている。病院長はこう話す。

けなげです
「日本でもハチという有名な犬がいるでしょう。マーシャはその犬と同じですよ。マーシャが病院の入り口を離れなくなり、エレベーターの隣で忠実に飼い主を待っているんです。 病院の職員も患者もこの悲劇をわかっています。皆で世話をしています。今ではマーシャも病院暮らしにすっかり慣れ、番犬のように見知らぬ人が病院に入ってくると吠えるんです」

   司会の羽鳥慎一「不思議ですね、動物の本能は。飼い主の愛情が相当深かったということなんでしょうね。それにしても、忠犬ハチ公は有名なんですね」

   犬は可愛がられれば報いてくれる。人間も見習わねば...。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中