田原総一朗「手を強打して負傷。テレビ出演見苦しくて済みません」

印刷

   ジャーナリストの田原総一朗(80)が12月5日(2014年)、打撲をしたとツイッターで報告している。

   つまずいたさいに手を強打してしまったのだとか。出演する討論番組「激論クロスファイア」(BS朝日 土曜あさ10時)の6日放送分について「(手の)テーピングが目立ちます。見苦しくてすみません」と語っている。「1週間くらいで治るそうです」という。

   ファンからは「軽くて良かったです。年齢を考えて行動してくださいね。日本一のご意見番なんですから...」「お気をつけて下さい 日本の怒れる神様なんですからね」と心配の声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中