韓国「2018年平昌冬季五輪」そり競技は日本・長野で!?財政難や施設建設に遅れ

印刷

   2018年に開催予定の韓国・平昌冬季オリンピックで財政難や施設建設の遅れが指摘されているそうだ。ロイター通信がIOCの関係者の話として伝えるところでは、平昌五輪組織委員会は「そり競技」を日本の長野で開催する案を検討しているという。これについて、組織委広報局長は現在までそり競技を長野で行う案はまったく検討されておらず、可能性は極めて低いと話している。

サッカーW杯で日韓共催の前例

   共催案が出てくる背景には、IOCが五輪開催コスト削減の一環として、一部競技の分散開催を推奨していることがある。今後、平昌五輪や東京五輪で一部種目をお互いの国で行う案が浮上してくる可能性があるかもしれない。

いいと思うよ

   司会の小倉智昭「ご近所の国でやれば負担は軽減されますし、ボクはサッカー日韓ワールドカップのときも日韓の友好のためにいいんじゃないかと言いましたけど、いままた関係があまりよくないから、(一部共催は)いいかもわかんないですね」

   笠井信輔ニュースデスク「日本としては反対する意見も多いと思いますね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中