2018年 12月 16日 (日)

はしゃぐのまだ早い!東京五輪「野球・ソフトの復活」提案できるだけ

印刷

   「けさのスポーツ紙を見てください。野球、ソフト祭りです」と木下康太郎アナがはしゃいでいる。開催都市が複数の追加種目を提案できることがIOCの総会で決定したという。これにより、北京五輪以降、種目から外れた野球、ソフトボールが2020年の東京五輪で復活する道が開けたとして、スポーツ各紙が大々的に報じているのだ。

決定手続きなどは来年7月IOC総会

「復活 2020年東京五輪で野球 ソフト」(サンケイスポーツ)
「東京五輪で復活へ 野球&ソフトで金」(スポーツ報知)
「五輪野球の道開けた 大谷『投げたい』」(スポーツニッポン)
どうすれば?

   木下「スポーツ紙はあたかも野球、ソフトが決まったかのように報じています」

   まだ「提案できる」ことが決まっただけだ。

   キャスターの菊川怜「(追加種目に)なるにはどうすればいいんですか」

   追加種目が決まる経緯など詳細は一切不明だが、早ければ来年7月に正式決定されるそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中