吉野家「牛丼」大幅値上げ!並盛300円が380円―円安・干ばつで米国産牛肉2倍

印刷

   大手牛丼チェーンの吉野家は来週17日(2014年12月)水曜日から主力商品の牛丼類を値上げする。牛丼並盛300円(税込み)が380円と約27%の値上げ。特盛560円は120円アップして680円になる。

   吉野家は材料のアメリカ産牛バラ肉が米国のかんばつによる出荷量減少や円安などで価格が2倍になったことを値上げの理由にあげている。吉野家は今春の消費税増税を受けて、280円だった並盛を300円に値上げするなどしており、今年2度目の値上げとなるそうだ。

安売り競争の後遺症

   司会の小倉智昭「ボクは牛丼の安売り競争について、こんなことをやってたらデフレでクビを絞めることになるよと言ってました。だから当然だと思います。これでもボクはまだね、吉野家はキツイと思いますよ」

それでもきつい

   笠井信輔ニュースデスク「オグラさんもお店経営してるんでよくわかるんじゃないですか」

   小倉「わかりますよね。やっぱり消費税上がったときになかなかいっぺんに上げられないじゃないですか。そういうこともあるからキツイと思いますよ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中