東京・目黒川「青の洞窟」イルミネーション休日中止!人出すごくて危ない

印刷

   春はサクラの名所となる東京・目黒川の500メートルの区間が、先月23日(2014年12月10日)から美しいイルミネーションで飾られている。「青の洞窟」と銘打った青1色で、川面も青く輝いてまことに幻想的。ところが、7日の日曜日の点灯が中止になった。何があったのか。

川面入れて写真撮ろうと橋に人が殺到

   サクラのシーズンの華やかさがうそのように、冬の目黒川はさびしい。これをなんとかしようと、地元の商店街が今年から「青の洞窟」を始めた。今年のノーベル賞の「青色ダイオード」にちなんだものだ。やきとり屋店主は「寒いときは人通りは多くないんですが、イルミネーションでカップル、ご夫婦、女性などが多いです。例年の1.5倍くらい」とほくほくだ。

想定外

   7日の点灯が中止になったのは、あまりに人が多くなってしまったからだった。川沿いという「売り」が裏目に出た。イルミネーションが川面にも映える様は、橋の上から撮るのが一番いい。というわけで、橋に人が集中して、立ち止まってしまう。

   1日中見られるサクラと違って、イルミネーションは午後5時に点灯する瞬間を見よう、あるいは動画に撮ろうとする人で瞬間的に人がふくらむ。週末は警備員を12人から16人に増やしたのだが対応できなかった。

   このため、万が一の危険を考えて、主催者は日曜中止に踏み切った。月曜からはまたライトアップしているが、今週末の開催はいまのところ未定だ。金曜日の状況を見て決めるという。

今週末どうするかは金曜日午後9時に決定

   司会の加藤浩次「人出が想像を超えたということですね。サクラの時はうまくいってたから、500メートルなら大丈夫だと踏んでたら、こうなってしまった」

   キャスターのテリー伊藤「サクラは朝から夜までだけど、イルミネーションは午後5時からと時間の制約があるから、集まっちゃうんでしょ」

   中山美香リポーター「人の流れが予測できずに今回中止になってしまったわけです。サクラは4キロにわたっていて、人も時間も分散されるのですが、イルミネーションは500mと短く、かつ時間が5時から9時までと限られます」

   宮崎哲弥(評論家)「点灯の時間をずらしたらどうですかね。場所によって...」

   加藤「そうすると狭くなって...」

   宮崎「あ、そうか」

   加藤「サクラのようにドバーッと長ければ分散するような気がしますね」

   テリー「金がかかるよ」

   加藤「LEDも分散して、1か所をいまの5分の1くらいにして」(爆笑)

   テリー「警備の方、もう少し増やしてもらって」(笑い)

   中山「今年が始めてですからね」

   この土日にやるかどうかは、金曜日(12日)の様子次第。金曜午後9時にホームページでお知らせするという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中