スーパーのレジスターでジングルベル演奏!買い物客はびっくり大喜び

印刷

   クリスマス商戦たけなわのドイツの大手スーパー「EDEKA」で行われたクリスマのハプニングスサービスが話題になっている。レジシンフォニーと呼ばれ、9台のレジスターの「ピッ、ピッ」という音がジングルベルを合奏する。

   買い物客はビックリしながらも手拍子で応え、メロディーが終わると一斉に拍手喝采が起こった。

日本では...「早くしろ!」怒る客いるかも

   商品のバーコードにかざし代金を表示するスキャナーでジングルベルを演奏したのは、店員に扮したミュージシャン。ピッ、ピッの音はボタンによってそれぞれの音程があることを利用したものだ。

いいねえ

   では、日本のスーパーでできるか。ある店主は「慣れればできるんじゃないかと思うが、どうしても早く帰りたい人もいらっしゃるんで...」という。若い男性店員は「すごいと思う。自分はまだ研修中で、こういうふうにテンポよく打てればいいなと思う」

   司会の羽鳥慎一「驚きましたね。外国の方はノリがいい。日本だったら『何だ、早くしてくれ!』というかも」

   そういう野暮天は放っておいて、どこかのスーパーでやってくれないかな。楽しそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中