天野教授「ノーベル賞晩餐会」の後は朝まで秘密パーティー!みんなで蛙飛びダンス?

印刷

   日本時間のけさ11日(2014年12月)にノーベル賞授賞式と晩餐会が行われ、ここでも天野浩・名古屋大教授が話題になった。晩餐会では中央の王妃の隣に座り、手を打って大笑いするなどすっかり溶け込んだ様子だった。

   井上貴博アナによると、直前まで天野教授は王妃をエスコートするとなっていたが、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の夫人に代わっていた。「何がどうしてなのかわかりませんが、席次を見ると、天野先生の隣に王妃と中村夫人、中村先生の左右には天野夫人と理事長夫人。赤崎勇・名城大教授は少し離れた端の方にいらっしゃいました。赤崎先生は英語が得意でないとおっしゃっていたので、配慮されたのかも知れません。ただ、どういう決まりかはわかりません」

王妃の隣で手を打って大笑い

   司会の夏目三久「でも、みなさん、気持ちよく過ごされたのでしょうね」

お疲れさま

   キャスターの齋藤孝「天野さん、王妃と和やかに過ごしていましたね」

   夏目「どんなあいさつをされたのでしょうか」

   現地の貞包史明記者が伝える。「いま食事が終わって舞踏会に移ったところです。天野先生がいつも持っていらした赤いポーチが気になっていたのですが、さすがに授賞式も晩さん会も外していました。王妃とは席に着くやいなやメニューをとって非常に和やかに談笑していました。

   面白かったのは、こちらのテレビ局が生中継で、長女の彩さんにマイクを向けたことです。お父さんについて聞いていましたが、彩さんは父は緊張していたと話していました。でも人生で一番幸せな時だといっていました」

ストックホルムの学生たちが準備

   齋藤「これから皆さんはどうなさるのですか」

   貞包「それぞれ三々五々に行かれます。実は、晩餐会が終わってさらに朝まで続く秘密のパーティーがあります。非公開でメディアもなく、誰も中のことを明かさないというパーティーです」

   日本では寝酒といわれる「ナイトキャップ」で、酒を飲みながらダンスも行われる。そのダンスとはぴょんぴょんと跳ねる蛙飛びダンスだという噂もある。準備するのはストックホルム大学の学生たちで、受賞者とセレブのみのVIPルームもある。もう疲れたと帰る人が多いが、貞包によると、天野教授も彩さんも一緒に行くといっていたという。

   夏目「天野先生に聞くと、ポロっとおっしゃってくださるんじゃないでしょか。それにしても、本当に天野先生はじめ、ご家族のみなさんにはメディアに対し誠意をもって対応していただきましたよね」

   本当に御苦労さまでした。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中