もやしの超低価格もう限界!生産者がスーパーに申し入れ「せめて1パック40円にして」

印刷

   主婦の味方「一番安い野菜」のもやしに異変が起きているという。もやし生産者協会は10日(2014年12月)、スーパーなど小売業界に原料の種子高騰の負担を求める文書を配布した。林正二理事長は「値上げをするか、できなければ廃業するか、そこまでわれわれれは追い詰められている」と訴える。

円安と原料の中国産緑豆が値上がり

   値上げの背景はいくつかある。8割以上を中国からの輸入に頼っている原料の緑豆が、現地で高騰していること。中国では緑豆よりもトウモロコシの方が儲かるとあって転作する生産業者が続出し、この5年で緑豆生産農家の4分の1が廃業した。緑豆価格は10年前の3倍に跳ね上がっているという。加えて最近の円安が追い打ちをかけている。

便利なお野菜

   日本での販売事情もある。「もやしは一番安い野菜」というのが定着している。赤江珠緒キャスターが「ラーメンには欠かせないし、スープに入れてもおいしい。もやし炒めもいいですものね」と言うように、財布の中が心配になった主婦にとっては強い味方だ。

スーパーでは「一番安い野菜」主婦に人気

   スーパーも安売りの目玉商品と位置付ける。都内のスーパーは「もやしは1年中安く売っていて、毎日が特売です」という。小売価格は10年前の1パック38円から現在29円と、消費増税にも関わらず9円ダウンしている。

   原料高騰なのに小売価格は値下げでは、「もはや我慢の限界です」と生産業者が訴えるのも無理はない。「われわれは1パック40円が適正価格と考えています。最低でも4~5円上げたいんです」という。

   司会の羽鳥慎一「生産者のことを考えると、数円ぐらい高くなってもしょうないなとも感じますよね。かなり厳しい状況ということは理解しましょう」

   赤江「背景を知ると、われわれ甘えていたかなという気がしますね」

   「モーニングバード!」はもやし値上げ容認派ということかな。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中