金井克子「55年前と変わらぬプロポーション」見事!ジム通いで元気印のババァ(失礼)凄すぎ
<徹子の部屋 金井克子>(テレビ朝日系)

印刷

   黒柳徹子と金井克子の元気印2大ババァ(失礼)の対談! しかし、2人とも年に似あわず綺麗である。今年のフジテレビ連続ドラマ「昼顔」の主題歌に使われて再ブレークした金井克子の「他人の関係」が、一青窈の歌唱でヒットして、またまた当番組に呼ばれたのだが、長い間の金井の音沙汰なしの理由がわかった。
   彼女は歯医者と結婚していい奥さんをやっていたのだ。芸能界は55周年で結婚生活は30年以上とか。生活費を旦那から毎月もらい、押し頂いて感謝する。今はみんなが銀行振り込みで、女房にダンナが小遣いをもらうのを見て子供が亭主をバカにするのだと、至極真っ当な批判である。プロポーションも昔と変わらず見事なもの。
   「他人の関係」をスタジオで歌ったら、さすがに高音部が出にくいが、フリは昔のまま、真っ白なロングドレスで歳には見えない。
   ボディを維持するためにジムにも通い、背中や尻の加齢による肉付きは1度付いたら取れないので、付かないようにトレーニングしているそうだ。黒柳は上半身を露出すると、腕や首回りなどの年齢肌が見えるので出さないというが、金井の衣装は丸出し。凄すぎ。
   吉永小百合や岩下志麻や浅丘ルリ子などの高齢女優たちの、加齢との闘いも壮絶だろうが、歌手やダンサーたちの肉体の維持も大変なのだ。他人の関係ならぬ他人の努力は見ている側には苦しさがよくわからない。サバサバした彼女の個性がとても感じがよかった。(放送2014年12月9日12時~)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中