海老蔵「芝増上寺」歴代徳川将軍の墓所参り「なぜ今日まで残っているのか...」

印刷

   歌舞伎俳優の市川海老蔵(37)が12月16日(2014年)、増上寺(東京都港区)の徳川家墓所を訪れたとブログで報告している。

   崇源院や文昭院など増上寺にあった霊廟建築のほとんどは太平洋戦争で失われてしまい、現在はブログにも写真で掲載されている「旧文昭院奥院中門」が徳川家墓所の入り口となっている。

   「徳川家がどの様にして今日まであるのか」「家康さんや秀忠さんの事」「徳川家が15代続き今も徳川宗家という方々がいらっしゃる事」について僧侶から話を聞き、「お釈迦さまから現代の文化のお話まで楽しいお話でした」「果報者でございます」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中