2019年 11月 21日 (木)

マララさんのノーベル賞スピーチへの報復か...「タリバン」学校襲撃で141人殺害

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   パキスタン北西部のペシャワルできのう16日(2014年12月)、イスラム武装勢力が学校を襲撃し生徒ら141人が殺害した。犯行声明を出したのは、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん(17)を以前に銃撃した「パキスタン・タリバン運動」の組織だった。なぜ子供の命を奪うのか。

各教室を回って生徒に乱射

   襲撃を受けたのはパキスタン軍が運営する学校で、武装グループは銃を乱射したり、自爆したりするなどで講堂や教室に侵入し、生徒132人を含め141人が殺害され、121人が負傷した。襲撃当時、生徒や教師ら数百人がいた。

報復の連鎖

   グループは人質を取り立てこもっていたが、パキスタン軍は「実行犯の7人全員を殺害した」と発表した。イスラム過激派「パキスタン・タリバン運動」が犯行を認め、「パキスタン軍の行っているタリバン掃討作戦に対する報復だ」と述べた。

   山本匠晃アナが「一面チェック」コーナーで紹介する。「武装グループは軍服を着て構内に侵入し、各教室を回って生徒たちに向け乱射したという悲惨な事件です」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中