クルム伊達公子「寝込み襲われドーピング検査」怒り心頭!大変無礼な検査員

印刷

   プロテニスのクルム伊達公子選手が抜き打ちドーピング検査を受けた際の不満をブログに書き込んでいる。深夜の就寝中に突然、日本アンチ・ドーピング機構の調査員の来訪を受けた。これは規定による抜き打ちの検査で、訪問した時間帯も規定内だという。

厄介な時代

   しかし、規定量の尿が採取できなかったため、水を飲んだりしなければならず、調査員は4時間近く滞在し、その間、失礼な言動があったと書いている。

   司会の小倉智昭「時間が時間だけに、伊達さん、腹が立った。当然ですよね」

   最近のドーピング検査は、試合や大会の前後だけではなく、日常のトレーニング期間を対象にする動きが広がっているという。

   小倉「試合のあとに検査すればわかりそうなもんですけど。それだけじゃダメなんでしょうかね。厄介な時代になりましたね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中