女性に広がる「バッグ2つ持ち」何を入れてるんですか?ファッション誌も特集

印刷

   「9時ッス!!」コーナーで森圭介アナが女性用のバッグを見せて、「いま女性のバッグの持ち方に変化が起ってます」と伝える。街行く女性たちを見ても、たしかにそうだ。大きいのと小さいのと2つ持っている。司会の加藤浩次は「荷物が増えたってことですか。一つにまとめればいいのに」というが、そういうことじゃなかった。

「それぞれに入れるものが違う」

   若い女性に聞いてみると、「小ちゃいバッグの出番をつくりたい。小さいバッグを持ちたい」と話す。

荷物増えたの?
「ひとつにまとめちゃダメなんですか」
「ダメです。小さいのが大事」

   小さいものにはクラッチ、チェーン、ミニボストンなどいろいろある。大きい方もトートバッグなど、いわばずだ袋から本格派までいろいろ。どう使い分けるのかというと、「ケータイやリップクリームは小さい方に、大きい方には授業の道具とか」「大きい方を置いて、小さい方だけでちょっとお出かけとか」―そういうことらしい。とにかくひとつは小さいのだ。

   ファッション雑誌が「バッグ2つ持ち」を特集したりで、当然、製品の作り方も変わった。クラッチバッグにストラップがついて、同じデザインの大型とセットとか、同じタイプで大中小をそろえたり。大きなバッグに引っ掛けるミニバッグとか―。

   しかも、若い女性だけではなく年配の女性でもやっている。というか、なかには昔からこれだったという人もいる。女性は手で持ち歩くのをあまり苦にしないようだ。「お洒落は我慢」という人もいた。

   森「荷物の量にバッグをあわせるんじゃなくて、小さいバッグありき」

   加藤「俺にはわからない。ポケットを最大限利用する派だから」

「1つだとどこに何を入れたかわからなくなるので...」

   杉野真美アナがバッグを2つ持って、「男性は荷物が少なかったりポケットを使ってますが、女性は小ちゃいものをたくさん持ってるんですよ。それがひとつのカバンだとどこにあるかわからなくなるんです。なので、細かいものはちいさなバッグに」という。

   おおたわ史絵(内科医)「大きいものを持つと肩が凝るんですよ。2個は持てない、私は」

   本村健太郎(弁年)「ボクも2個持ちしますよ。だって荷物が多いから。1個はパンパンに書類で入り切らなくなる。サブのバッグがどうしても必要になる」

   加藤「仕事用とプライベートを分けているの」

   本村「重い書類と軽い小物」

   加藤「どういう柄なんですか」

   本村「メインは重厚な感じ。サブはペラペラの」

   要するにファッションじゃない。

   キャスターのテリー伊藤「電車に乗るとき大変だよね」

   杉野「大きい方は網棚に乗せたりします」

   コーナーが変わって、「クイズッス」の天の声が「学生時代は自分のバッグのほかに巾着を持ってた」

   加藤が「学生時代そうだったね」と思い出した。「部活用のバッグ、30年くらい前だよ」

   なーんだ、別に流行でもなんでもなかったのか。人騒がせな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中