STAP細胞「存在せず」検証実験打ち切り!小保方晴子研究員は理研退職

印刷

   理化学研究所はきのう18日(2014年12月)、小保方晴子研究員らが今年初めに発表した「新型の万能細胞STAP」の検証実験を打ち切ると発表した。これまでの検証で再現できなかったためで、一時は「ノーベル賞級の発見」とまでいわれたSTAP細胞は「存在しない」という結論になった。 小保方氏は21日付で退職する。今後の焦点は不正が起きた経緯の解明になる。

何回実験しても再現できず

   検証実験は丹羽仁史チームリーダーによるものが4月から来年3月まで、小保方研究員が7月から11月末までと、2つが並行して行われてきた。しかし、いずれでもSTAP細胞の存在を確認できなかったという。

科学者のけじめ

   丹羽氏らは8月の中間発表で「22回の検証でもSTAP細胞は作れなかった」としており、3月までの予定を繰り上げて終了することにした。検証を続けても可能性は低いという判断だ。

   小保方氏の検証は監視カメラと3人の立ち会いという異例の状況下で行われていたが、小保方氏が当初の論文で示した方法では細胞は作れなかった。小保方氏がこれをどう考えるか。なお「STAP細胞はある」というのかどうか。

   キャスターのテリー伊藤は厳しく言う。「小保方さんがまだ『ある』というんだったら、いさぎよくない。4月の会見では『200回以上作った』といっていたのに、7月から5か月で1回も作れない。この現実を科学者としてしっかり受け止めるべきだと思いますよ」

   香山リカ(精神科医)「科学の世界で、あるといったものをないと証明するのはむずかしいわけですが、小保方さん自身が『なかった。間違いだった』といってほしいですね」

   テリー「それが最後に残った彼女の名誉だと思う。自分で結論を出した方がかっこいい」

   理研は午前10時半から検証結果についての会見を行った。「STAP細胞は作製できなかった」「検証実験は打ち切る」というものだったが、聞きたいのは小保方氏本人の言葉だ。弁護士ではいただけない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中