2018年 7月 18日 (水)

オスマン・サンコン「来日秘話」温泉入ってやけど、ライオン見てびっくり

印刷

   フランス映画「サンバ」の公開前イベントがきのう18日(2014年12月)に都内で開かれ、元祖来日タレントのマルシア(45)とオスマン・サンコン(65)が現れ、司会はデーブ・スペクター。とにかく、会場は爆笑に次ぐ爆笑だった。

来日20年「少し色落ちしたな」

   マルシアもサンコンも来日20年以上になるのだが、ふたりとも銭湯・温泉が苦手という。

見たことなかったの?

   マルシア「裸で入るじゃん、みんな。それがダメで。タオルをして入っていたらおばさんに怒られた」

   サンコン「アフリカもそうなの。それに熱くて熱くて入れない。やけどするんですよ。これ以上焼いたらどうするのかな」(爆笑)

   マルシア「でもサンコンさん、白くなったねえ」

   サンコン「そうだね。昔と比べればね。ちょっと色落ちたよね」(爆笑)

「アフリカでライオン見たら食べられちゃう」

   サンコンはギニア共和国の外交官で来日したが、タレント活動で日本中に知られるようになった。その彼がきょうの「スッタメ」コーナーのクエスチョンになった。「日本に始めて来た時、上野動物園に行きまして、日本の友人に変な顔されたんですよ。なにがあったと思いますか」

   VTR映像を見ていた司会の加藤浩次「ゾウがみんなひれ伏したんじゃないの」

   天の声「これは絶対見たことがあるだろうと思われていたんですよ」

   加藤「ああ、びっくりした。ライオンを見てびっくりした」

   天の声「正解!」

   そう、正解は「ボク、日本へ来て初めてライオンを見ました」「びっくりして、親に信じてもらえないから檻のところで写真を撮ってもらって、その写真をギニアに送ったの。証拠写真」「ギニアではライオン1回も見ない。1回見たら食べられちゃうからね」(爆笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中