2020年 11月 29日 (日)

マラソン大会中止!参加者続々集まり「エッ、詐欺でしょ」すでに4000円払い込み

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   きのう21日(2014年12月)に東京・江戸川区の荒川河川敷で行われる予定だったマラソン大会が中止になったが、「その理由が、考えられないほどじつにお粗末」(司会の小倉智昭)だった。

   大会はNPO「黎明」が2か月前ほどに企画したが、国土交通省や江戸川区に会場や道路の使用許可の申請など、必要な手続きをしてなかった。このため、2日前にウェブサイト上で中止を発表していたという。会場には事情を知らない参加者が多くやってきて、主催者スタッフに向けて「詐欺でしょ、コレ」「なめてんのか!」など怒号が飛びかった。

会場や道路の使用申請もせず

   「黎明」の説明によれば、大会の参加者は1500人で、参加費はフルマラソンで4000円、総額500万円が集まった。主催者のスタッフは3人しかおらず、使用許可を担当していたスタッフは所在不明だと説明している。参加費は全額返金する予定だというが、参加者は本当におカネが返ってくるのか不安を抱えている。

お粗末

   小倉「お金は残っているのかな」

   笠井信輔ニュースデスク「150万円ほど使ったが、残っているとは言っています」

   スポーツイベントの企画運営をしている「スポーツワン」の山村亮氏は「国や市町村に会場の許諾を取るには4か月ほどかかる。実施まで2か月間というのは短すぎるので、それ自体が非常識」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中