氷川きよし来年も安泰だあ!致命的スキャンダルどこ吹く風...オバさまたちに支えられて「文句あっか」
<第47回 日本有線大賞ナビ>(TBS系)

印刷

   この日の19時から生放送される「第47回日本有線大賞」の見どころを一挙紹介するナビ番組で、選抜された出場歌手によるスペシャルライブもあった。47回もやっているのだからそれなりに風格もありそうなものだが、MCに沢村一樹とトリンドル玲奈という人選が軽い。
   そもそも、いまどき、「有線放送」にわざわざリクエストする人っているんだろうか。大きな声ではいえないが、組織票的なもので結構左右されそうな気がしないでもない。
   トップを飾ったのは氷川きよし。今年8月、元マネージャーに対する暴行の疑いで書類送検(のち示談が成立)されたが、これについては、とくにお咎めもなく、「紅白」出場も決定している。しかし、天下のNHKが問題にしないのだから文句を言われる筋合いと言わんばかりの態度と、そんなことにお構いなしに「きよしのズンドコ節」にきよしコールするオバさまたちの熱気ときたら...。彼女たちを味方につけ、きよしは安泰というのがよくわかった。
   今回の話題は46年ぶりに「日本有線大賞」に千昌夫が登場したことだった。「長持祝い歌」がヒットしたということだが、そんな歌1度も聞いたことないぞ。だったらそれを歌えよと思うのだが、なぜか「星影のワルツ」を歌う。「長持~」を聞きたければ本番を見てねということなのか。唯一の収穫は「世界初のけん玉歌手」三山ひろし。「レッツ、けん玉エクササイズ!」だって(笑)。演歌歌手も大変だ。(放送2014年12月20日15時30分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中