岩手「山田線」あまちゃん鉄道へ移管!大震災から4年やっと復旧にめど

印刷

   井上貴博アナが「あまちゃん鉄道入り やっと発車」という産経新聞(2014年12月24日付)を紹介した。東日本大震災で線路がズタズタになったJR山田線がNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のモデルとなった三陸鉄道へ移管されることになった。

全国一の赤字路線

   井上がこう伝える。「4年近くも復旧が進まなかったのは、山田線は全国でも一番の赤字路線だからなんです。JR東日本だけではどうにもならないが、第三セクターに押し付けても、自治体は『そんなの無理ですよ』ということになっていたんです。そこで白羽の矢が立ったのが、『あまちゃん鉄道』なら何とか人気となるんじゃないかということなんです」

白羽の矢

   三陸鉄道の第3セクターだが、こちらには「あまちゃん」という強力な助っ人がいる。観光客が乗りに来てくれるだろうという皮算用なのだ。

   キャスターの齋藤孝「鉄道が通ると、地元の人は元気が出るんですよ」

   井上「過疎地域やこういうご高齢の方が多い地域で、どう鉄道を残していくか。大変難しい課題を突き付けられている気がします」

   あまちゃんだけで経営がなんとかなるものなのだろうか。

(カズキ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中