陳健一「おせちに飽きたら簡単おススメこのメニュー」コーラでスペアリブ煮るの!?

印刷

   近ごろは正月お節料理を食べるのは元日と2日ぐらいで、あとは普段通りの食事という家庭が増えている。たしかに飽きるし、子どもはあんなものでは満足しないだろう。だからといって、カレーライスばかりというのもいかがなものか。中国料理の鉄人、陳健一さんがそんなときのおススメ料理を作ってみせた。実に簡単調理で、急な来客にも対応できそうだ。

おもちだって中華風に料理すれば...

【スペアリブのコーラ煮レモン風味】

   用意するのは豚のスペアリブ500グラム。フライパンで焼き色を付け、ここにコール1リットルを注ぐ。「大丈夫ですか、そんなに入れて」と井ノ原快彦キャスターは心配顔だ。「シュワシュワいってるよ」

   陳さん「大丈夫。大丈夫。ここに薄切りレモン(2分の1個)も入れて、煮たったら中火で煮詰めてくださいね。時間は40~50分。水分がなくなったらオイスターソースを加えてからめ、サラダ油をほんのちょっぴりかけて照りを出せばでき上がりだよ。

   これなら作り置きるから、暮れに作っておいて、おせち料理に飽きたころや来客のときに使える。

【焼きもちのごまじょうゆソースかけ】

   陳さん「これはソースが決め手です。このソースは万能で水餃子にもウドンにも合いますので覚えて下さい」

   練り胡麻(大さじ4杯)、砂糖、醤油(大さじ2杯)、にんにくの擦り下ろし(小さじ1杯)、酢(小さじ2分の1杯)、辣油(大さじ1杯)、ごま油(小さじ1杯)を全部ボールに入れて掻き回せばソースの完成だ。

   もちは4枚をサイコロ状に切ってフライパンで焦げ目がつくまで7~8分焼いたら、皿に取って作っておいたソースを掛け回す。

   井ノ原「かけるだけですか?」

   陳さん「そう。いや、かけ方があるの。おいしそうにかけてくださいね」

   井ノ原「やっぱり、かけるだけじゃない」

   陳さん「それが違うんだなあ」

   上に細ねぎを散らす。これもすぐできそうだ。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中