演歌の星・福田こうへい「出演禁止の仮処分」?契約期間で事務所対立

印刷

   このところ低調な演歌の世界で、レコード大賞新人賞や紅白連続出場で気をはく福田こうへい(38)が、所属事務所から債務不履行で訴えられるという。岩手出身で岩手にある事務所に長年所属していたが、契約期間をめぐって2つの事務所の間で食い違いがあるらしい。

「南部蝉しぐれ」大ヒット!岩手と東京で奪い合い

   おととい24日(2014年12月)、メディアに送られてきた東京事務所からのファクス内容は厳しい。「福田こうへいの度重なる債務不履行に対して、話し合いに応じるよう務めてまいりましたが、本人にその意思はないと判断し、法的手続きを開始いたしますことをご報告」とある。

ありがちな話

   東京事務所は「岩手サイドとの契約期間の認識に相違がある」と説明するだけで、詳しいことは「裁判だから」と明らかにしない。これも変な話だが、要はデビュー前からの所属事務所(岩手)とデビュー後の東京事務所との契約のことらしい。

   福田は5歳から民謡を始め、数々の賞を受けたが、歌手としては呉服店の営業マンをしながらの苦しい時代が続いた。これをサポートしたのが岩手の事務所だった。12年6月に日本民謡フェスティバルでグランプリを受賞し、その4か月後に「南部蝉しぐれ」でデビューした。3万枚で大ヒットという演歌界で、これまでに28万枚というビッグヒットとなった。

   去年は日本レコード大賞新人賞を受賞して、NHK紅白歌合戦にも出場した。今年4月の「峠越え」も15万枚を超え、紅白連続出場が決まっている。民謡で鍛えた伸びのある歌声を、北島三郎が「歌謡界の宝」と絶賛したという久々の逸材だ。

   デビュー後の売り出しを担ったのが東京事務所で、契約期間は「2015年12月31日」までという。にもかかわらず、年明けに事務所が知らないコンサートなどのスケジュールが動いている。これについて福田に話し合いを申し入れたが、応じないのだという。

「3年契約のはずだった」「いや2年間だ」

   一方、岩手事務所の弁護士は「契約は平成25年3月から2年間(26年12月31日まで。事務所業務を委託する契約だった」と話す。終了は 3か月前から通達していて、「契約切れの来年の仕事を岩手がとるのは当然」という。すでに単独コンサートだけで18か所32公演が決まっている。大変な人気だ。

   東京事務所は「芸能界は育ててもらったらお礼奉公が必要だ」と話しているという。また、同じ契約書には上記の2つの契約期間が併記されていて、一部は口約束なのだともいう。よくわからない。

   菊地幸夫(弁護士)「口約束でも約束です。場合によっては、仮処分の出演禁止とか、本裁判で損害賠償とかも考えられますね」

   香山リカ(精神科医)「福田さんは岩手で被災地支援にも活躍した人ですよね。イメージが傷つかないようしてほしいです」

   キャスターのテリー伊藤「芸能界には昔からありがちの話ですよ。たとえば、コンサートの営業権、これを譲渡するという手もある。互いに歩み寄ってね。いい形になってほしい。紅白にも出るんだし」

   それかあらぬか、いま盛岡のレコード店では「南部蝉しぐれ」「峠越え」が売れている。「嵐」「妖怪ウォッチ」を抑えて1位だ。きのう25日、名古屋で行われたディナーショーを見た中年女性たちは、「こうへいさん、最高」と満足そうだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中