2021年 9月 29日 (水)

祖父母殺害の少年に懲役15年―ネグレクト母親から「殺してでもカネ借りてこい」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   埼玉県川口市のアパートで今年(2014年)3月、孫の17歳の少年が祖父母を殺害し現金やキャッシュカードを奪った事件の判決公判がきのう12月25日にさいたま地裁であり、少年に懲役15年が言い渡された。

   被告が成人だったら死刑もあり得る重罪だが、少年の育った境遇が考慮された。

学校に行かせてもらえず居所不明児童

   母子家庭で育った少年は小中学校に行かせてもらえず、11~13歳の間、公園やホテルと転々とし、学校や行政機関でも居場所がつめない居所不明の児童だった。しかも、母親に言われて親族にウソを言っては借金をさせられていた。その度に母親から言われたのは「殺してでも借りてこい」だった。判決文によると、祖父母を殺害する前にも母親から同じように「殺してでも借りてこい」と言われていた。

   この「殺してでも...」が母親による殺害の指示に当たるのかどうかが裁判の争点になった。弁護人は母親の指示で殺害したとして保護処分を求めたが、検察側は指示ではなく単独犯だったとして無期懲役を求刑した。判決では指示はなかったと判断されたが、少年の境遇を顧慮し、判決文にも「母親の養育や犯行前の言動は特に大きく斟酌すべきである」と述べている。

   少年は判決後、弁護人に「自分みたいな存在を作っちゃだめだということをお伝えください」と話したという。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中