秋元康が「AKBにまだ力がない」と嘆いたワケ

印刷

   AKB48総合プロデューサーの秋元康(56)が1月3日(2015年)、1月19日から放送が始まるドラマシリーズ「マジすか学園4」の放送が関東ローカルにとどまったことについて、「AKBの力がないからでしょう」と無念さをにじませた。SNSの「755(ナナゴーゴー)」でつづった。

   秋元によると、放送作家としての39年のキャリアの中で悔しい思いをする機会が数多くあったが、「自分に力があれば、そんな悔しいことなんか味わわずに済んだ」はずで、「文句も言わなかったし、誰かのせいにもしなかった」。

 

   AKBについても同様で、

「全国にネットできないのは、AKBにまだ力がないからであり、僕に力がないからです。理由がはっきりしている以上、誰かのせいにはできません。もっと、頑張るしかありません」

と締めくくった。

   「マジすか」はAKB48グループのメンバーが出演する学園ドラマシリーズで、今回が第4弾。第3弾までは少なくとも大都市圏では放送されていたが、今回は初めて関東ローカルのみの放送になった。動画配信サイト「Hulu」では地上波に先駆けて1月12日から放送される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中