商売繁盛!京都伏見稲荷「さい銭開き」銀行員動員して5日がかり

印刷

   商売繁盛の神様・京都伏見稲荷で5日(2015年1月)から『さい銭開き』が始まった。正月3が日に境内50か所のさい銭箱に投じられたさい銭を数えるもので、地元の銀行員8人が集計に当たっている。

相当な額

   部屋いっぱいに紙幣や硬貨が集められ、中には「1129円」(いい福)、「11104円」(いい年)などの語呂合わせの小切手、さらに外国人観光客に人気とあって、外国紙幣なども目立つという。

   井上貴博アナ「見ただけでも相当な額ですのね」

   司会の夏目三久「紙幣も結構あるんですね」

   すべて数え終るのに5日間かかるという。

カズキ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中