正月3日に突然の高速道路SA・PA閉鎖!暴走族封じ込めで一般ドライバー大迷惑

印刷

   「私がその渋滞に巻き込まれてたら、当然怒りますよ。ふざけるなって話ですよ」

   司会の小倉智昭が憤然として言う。なんのことか?

   3日(2015年1月)夜、三重県内の高速道路で19時から4日2時まで7時間にわたって5か所のサービスエリアやパーキングエリアが突如として閉鎖された。Uターンラッシュで渋滞中のドライバーらは最大70キロもトイレや休憩なしで走らなければいけない事態となり、関係各所に苦情が殺到したという。

三重県警が高速道路会社に要請

   このSA・PA閉鎖の理由は暴走族対策だった。三重では正月に暴走族が「走り初め」などと称してパーキングエリアに集まるため、三重県警が中日本高速道路に依頼して閉鎖を実施したという。県警によれば、暴走族の動きが判明したのが当日になってからで、閉鎖を決めたのは3時間前だった。

たまらないね

   なお、今年の暴走族は三重県のお隣の愛知県のパーキングエリアに集っていたそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中