2018年 9月 22日 (土)

マクドナルドで相次ぐ異物なぜ?公表せず工場・店員にも注意不徹底...

印刷

   チキンナゲットに相次いで異物の混入が見つかったマクドナルドで、今度は大阪と福島の店舗でフライドポテトやデザートに人の歯や異物が入っていたことが分かった。

   キャスターの赤江珠緒「衝撃ですね~」

フライドポテトから「人の歯が出てきた!」

   フライドポテトに人の歯と思われる異物が見つかったのは大阪・河内長野市の「マクドナルド外環河内長野店」。昨年(2014年)8月にビックマックセットを購入した女性客から「フライドポテトに人の歯のようなものが入っていた」と指摘を受けた。

衝撃です

   日本マクドナルドが第三者機関に調べてもらったところ、やはり人の歯らしいことが分かった。店内スタッフに歯の欠けた人がいなかったことや製造した米国工場で混入した可能性が極めて低いことから公表せず、営業を続けたという。

   福島・郡山市の「マクドナルド4号線郡山安積店でも昨年暮れ、デザートを購入した客から異物が混入しているとのクレームがあった。混入した商品や異物については調査中と詳しいことは明らかにされていない。

   司会の羽鳥慎一「ちょっと影響が大きいですね」

   赤江「後手、後手に回っていますよ」

   欠けた人の歯が不注意で混入するとは考えられない。故意による混入すれば何か構造的な欠陥があるのではないか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中