マクドナルド「異物混入」日常茶飯!?店員「またやっちゃったか」

印刷

   チキンナゲットなどへの異物混入で、日本マクドナルドはきのう7日(2015年1月)に会見を開いて謝罪した。しかし、新たな異物混入事例が出てきていると「スッキリ!!」は2つのケースを伝えた。

   先月5日、川口市内の店でハンバーガーのパティの中に1.4センチほどの針金のようなのものがあったという。女性客が食べていて、「痛い」と口から吐き出した。全部で3本入っていた。日本マクドナルド本社からの文書には「清掃の時に発生した鉄板の削りカスの可能性が高い」とあった。

   女性は「(本社に)伝えたときも、びっくりした様子はなくて、『年に何回もある』というので、それが発表されなかったことにびっくりしました」と話す。

女性客「本社に混入知らせても、驚いた様子はありませんでした」

   もう1件は去年9月、船橋市内の店舗で販売されたハンバーガーだった。こっちには虫が入っていた。1円玉くらいというから結構大きい。購入した女性は保健所に持ち込み、虫はゴミムシと判明した。過熱されていたこともわかった。

2度と食べない

   会見で青木岳彦・取締役と菱沼秀仁・取締役がおわびをしたが、混入として認めたのは「人の歯」(大阪)、「ビニール」(江東区)、「プラスチック片」、(福島)、「青いビニール」(青森)だけ。公表の基準についても「控えさせていただきたい」とはっきりしない。子どもが口にけがしたサンデーチョコレートの件も「公表の必要はなかった」。年間件数についても、「控えさせていただきたい」という具合だった。

   経営コンサルタントでコメンテーターの坂口孝則は「(こんな会見では)不信感を与えてしまうんじゃないですかね。これだけ注目されている中で、公開しなかったのを良しとするのは経営的にはまずい判断」という。「SNS時代に対応できていない」ともいう。その通りだ。

   会見には出なかった「虫」(船橋))や「金属片」(川口)も含め、ほとんどのケースに写真があった。半分かじったバーガーの脇に虫と1円玉が並んでいるのは何とも生々しい。だれでもケータイをもっているから即座に撮れる。場合によっては、マックや保健所へ通報するより先にネットに載る。

頭下げただけ!責任感も危機感もない経営陣

   会見についての書き込みはネットにあふれているが、もうボロクソだ。2年務めているという店員の声があった。「またやっちゃったかというのが率直な感想。お客さんがはなれていくのかな」

   キャスターのテリー伊藤「虫を食べた人は一生残る。ソフトクリームで口を切った子どもはトラウマになる。それに対するフォローの言葉がないですよ。実際に食べてる人との距離感を感じますね」

   西村綾子レポーター「機械の破片が混入していた件でも、『たまたま、その機械の個別の案件』だというんです。全国で2600台ある。どこでも起きうるのではないですかと聞いたのですが、『それはそうですけど』とウヤムヤなんです」

   さあ、あなたはそれでもマックへ行くか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中