長嶋茂雄が娘・三奈にもらした弱気「日本にいられなくなる」美談仕立てでない好ドキュメント !なぜか一茂の姿なし
<独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~>(TBS系)

印刷

   正月の3日、他局は缶詰のバカバラエティばかりで見るものがなく、偶々つけたこのドキュメントが意外に面白かった。主に長嶋茂雄と娘の三奈との親子インタビューで、その間に過酷なリハビリの模様や10年前に倒れた時の家族の目から見た真実が語られた。あの日、公に発表された内容は「検査入院、意識はある」であったが、実は検査ではなく脳梗塞の発症であり、意識もなかったのだ。
   こうした有名選手のドキュメントは往々にしてヨイショ番組になる。フアンでもない限り辟易するものだが、当番組は長嶋の明るいキャラクターと三奈の率直な語り口で、全く嫌みがなかったし、ドラマ仕立ての部分も、格別美化されていないので好感がもてた。茂雄が倒れた時、三奈は仕事中で、病院に駆けつけると父は酸素マスク姿で意識もなかった。恐らく家族は最悪の覚悟をしたはずだ。
   倒れる前の長嶋監督のストレスたるや聞きしに勝る重圧で、娘には「日本にいられなくなる」とまで語っていた。彼ほどの超有名人の背負ったものの過酷さも垣間見えたし、それまで、仕事は持ち込まなかった彼が、娘の前で見せた弱気が、苦しさの程度の如何に激しかったかをよく伝えた。長嶋茂雄という人の、ある種、都市伝説的な滑稽エピソードを筆者は数々知っているが、今回のドキュメントを見て、彼は意外とクレバーな人でもあるかなと見直したのであった。ただ1点、長嶋一茂が登場しなかったのは画竜点晴を欠いた。(放送2015年1月3日21時~)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中