桜島いつ噴火?専門家も「相当危ない」鳴動続き山体も膨張!マグマすぐ下まで・・・

印刷

   鹿児島県の桜島で山が膨らむ「山体膨張」が起きている。地中のマグマが上昇し火山ガスが噴き出す前兆の可能性が高い。きのう8日(2015年1月)も大量の火山灰が降り、ゴーッという轟音も続いている。「12月31日から1月4日までは24時間ゴーといっていて不安でした」(男性市民)という。

   桜島の噴火を研究している京都大の井口正人教授は「轟音は鳴動で、ある程度のマグマが上がってきているということです。31日夜から鳴動が強まって、今回は若干長期にわたっています」

3年前の噴火の2倍の膨張

   もう一つの変化が山体膨張だ。地下のマグマによって火山全体が膨張する現象で、鹿児島地方気象台が設置した傾斜計では1日から山が膨れ始めたという。山体膨張は13年8月にも起き、その後に上空約5000メートルまで噴煙が上がる噴火があった。この噴火で鹿児島市内に大量の火山灰が降った。「当時を100とすれば、今回は180から190の膨張」(鹿児島気象台)というから、噴火が始まったらかなりの規模になりそうだ。

いつ噴火?

   井上貴博アナ「実際の噴火はどうなんですか」

   産業技術総合研究所の山元孝広氏は「相当危ないぞということですね」

   気象台では噴石、火砕流に警戒するよう呼びかけている。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中