2015年の「健康飲料」コールドプレスジュース!1杯1080円の効果あるのか?

印刷

   健康に気を使う向きには気になるニュースだろう。1990年代は青汁、2014年はグリーンスムージーという野菜や果物汁だったが、さて2015年は何か。ブレーク目前が「コールドプレスジュース」なんだという。司会の加藤浩次は興味なさそう。香山リカ(精神科医)も「聞いたことない」。「なんだかわかりますか」と森圭介アナが「アメリカではすでに人気なんです」と見せた写真は、マドンナとミランダ・カー。ともにペットボトルよりは高級そうなボトルを持っている。マドンナのは中身が白っぽく、カーのは濃い緑色だ。

   森「アメリカでは専門店ができているし、スタバでも展開し始めています」

   スーパーにボトルが並んでいる写真もあった。日本で流行するのも時間の問題だと思ったら、東京・代官山や六本木にはもうあった。それも専門店が続々という。

山盛りの野菜と果物を「コールド」(冷たいまま)で「プレス」(圧搾)

   代官山の住宅街にあるコールドプレスジュースの専門店「クレンジングカフェ代官山」をリポーターの中山美香が訪れた。昨年8月オープンだという。

苦くないの

   30代の女性客は「野菜が嫌いなんですが、これはフルーツの味がけっこう強いので飲みやすいですよ。モデルの友だちが飲んでいると聞いて試してみたと話す。10代の女性は「ニキビができやすい肌質だったけど、変わって、肌がきれいになった」

   どんなものかというと、野菜や果物をほどほどに切って圧搾して絞ったジュースだ。水は加えない。熱も加えないので「コールド」、圧搾で「プレス」と、名前はまんまである。できたジュースはサラサラしている。ドロドロしているミキサーのジュースとははっきり違う。

   この店では5種類のブレンドがあり、注文すると目の前でつくってくれる。中山が試したのは一番人気の「エメラルド」だ。小松菜がベースと聞くとオエッとなりそうだが、そのお味は?

   中山「ホントだ。野菜とかフルーツの甘味とか風味がもの凄い濃いんですけど、飲み口はサラサラですね」

   一般のカフェでいうとミディアムサイズだが、「1080円になってます」と高い。「お野菜がすごく入っているので」とマネージャーの女性はいう。1杯400ミリリットルに1キロ以上の野菜を使う。その写真を見るとすごい。大皿いっぱいにリンゴ、レモン、グレープフルーツ、セロリ、パセリ、きゅうりが山になっていて、小松菜とキャベツは向こう側で見えない。

   中山「1杯分の材料をスーパーで買うと1300円くらいにつくんだそうです」

   キャスターのテリー伊藤「それじゃあ、この値段もしかたない」

   加藤「プレスだから量があんまりとれないのかな」

ビタミンや酵母より多く摂取

   栄養士に聞くと、このジュースは低温で絞るので熱で壊れやすいビタミンや酵素をより多く摂ることができるんだと。店のマネージャーも「お食事の代わりに摂っていただけるので、ランチ代といいますか、1食分くらいのお値段に」という。

   中山「気になっていたんですよ、去年の秋ぐらいから。いろんな雑誌に出ていて...」

   加藤が「知らなかったなぁ」

   スタジオで試飲してみる。「苦くないか」といっていた加藤が、恐る恐るひと口なめて、「おいしい」とホントにおいしい顔になった。

   中山「水が一切入ってません。果汁だけ」

   加藤「プレスする機械が大事なんだ」

   中山「安くても4万円」

   うるさい香山が「複雑な味なんだけど、青臭くもなくて自然の甘味」

   テリー伊藤「リンゴははずしてほしい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中