草彅剛うまくなったねえ...一瞬の弛緩なくあっという間の2時間!取り立て屋になっての復讐譚たのしみ
<銭の戦争 第1回>(フジテレビ系・関西テレビ制作)

印刷

   聞くところによれば、草彅剛の主演でヒットした「僕・・・」シリーズのスタッフが作っているらしい。道理で面白いわけだ。以前、尾野真千子主演で似たような借金まみれから取り立て屋になる復讐譚を見たことがあるが、あれは大失敗のヘボ・ドラマだった。今回も眉唾で見始めたのだが、一瞬の弛緩もなくて2時間があっという間に終わった。演出がシャープ、草彅が上手くなったものである。
   東大卒のエリート証券マン・白石富生(草彅剛)は金持ちで美人の婚約者・梢(木村文乃)と結婚直前の幸せ男だった。ところが、突然実家である町工場の社長の父が巨大な借金を残して蒸発、後に自殺してしまう。連帯保証人になっていた富生は貯金をはたいても足りず、大学時代の友人に借りようとしても足りず、街金にも追われ、挙句の果てに後輩のIT長者に、金を借りたければ自分のゲロを食べろとまで侮辱される。母親の三保子(木野花)は心労から脳梗塞で倒れ、その手術の金もない。弟の大学院生・光太郎(玉森裕太)は非力なインテリ。万策尽きるところまでが第1回。
   韓国でヒットした作品の焼き直し、裏稼業の男・赤松(渡部篤郎)や恩師(大杉漣)と娘の未央(大島優子)や、梢の祖母で実業家の青池(ジュディ・オング)など、癖のある役者たちが脇を固め何か起りそうな予感がする。恐らく、ブチ切れた元エリートが取り立て屋側になって復讐に走るのだ。乞うご期待のチャンチャカチャーン。(放送2015年1月6日21時~)

(黄蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中