2018年 7月 17日 (火)

「病死豚肉」ソーセージ・肉まんにして荒稼ぎ!中国で食肉加工業者摘発

印刷
「また中国(の話)なんですけど、これもヒドイですよね」

   司会の小倉智昭が伝えたのは、病死した豚の肉を仕入れて加工・販売していたという話だ。中国の公安当局は病死した豚の肉を加工して販売していた11グループ110人を拘束したと発表した。

監督官庁の役人にワイロ

   摘発されたグループは養豚業者から病死した豚肉を相場の3分の1以下の価格で仕入れ、肉まんやソーセージ、食用油などに加工して売っていた。押収された豚肉は1000トンにもなる。

ヒドイです

   山中章子アナ「想像しただけで、吐き気を催しますね」

   小倉「こういうものは使っちゃいけないだろうし、食べたくもない」

   グループはこの手口で7年にわたって荒稼ぎしていが、監督機関の役人にワイロを渡すなどして検疫合格証を入手していた。

   なお、肉は中国国内でのみ流通していたそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中