「米軍の公式ツイッター」イスラム国に乗っ取られた!サイバージハド宣戦布告

印刷

   アメリカ政府はきのう12日(2015年1月)、アフリカ・中東地域を管轄するアメリカ中央軍の公式ツイッターとユーチューブが「イスラム国」を名乗る何者かに乗っ取られたと発表した。

   ツイッターには覆面をした男の画像や「サイバーカリフ」と名乗る書き込みが複数載っていて、「アラーの名においてサイバーカリフはサイバージハドを続ける」「アメリカ兵よ、われわれは行く。後ろに気をつけろ」「(ツイッターは) イスラム国が占領した」などと語っている。

   さらに、陸軍将兵の名簿を載せて、「われわれは止まらない。何でも知ってるぞ。お前のことも、妻や子のこともな」という書き込みもあった。ユーチューブには「イスラム国」の宣伝映像が掲載された。

中東で訓練受け帰国したイギリス人かアメリカ人が制作

   ホワイトハウスの報道官は「深刻にとらえている」と話すが、詳しい情報はなく、なお分析を続けているという。軍はサイトを閉鎖した。中央軍は「掲載されたものに軍の機密は含まれておらず、軍の活動に支障もない」としている。

家族の名前まで・・・

   キャスターのテリー伊藤「軍人の家族の情報が載っているというのは不安ですよね」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)はこれをナマで読んでいた。「サイバージハドをこれからやると言っていて、電子戦争です」「言葉を見ても映像を見ても、ものすごく洗練されてて、シリアの何もないところで作られてるとは思えません」「英語も的確で、若い人に説得力のある言葉を使っているから、イギリス人とかアメリカ人とか、(中東から)帰ってきた連中が作っているんじゃないでしょうか」

   司会の加藤浩次「(イスラム国に)入って、帰ってきた人?」

   キャンベル「先週のフランスの事件と同じ構図です」

   テリー「彼らは軍事訓練受けてるから、アメリカだって心配だよね」

   森圭介アナ「組織的な大きさもうかがえます。油田を制圧して、金銭的にも地盤があるといわれていますよね」

   加藤「インターネットの使い方がホントにうまくなったですね」

フランス連続テロの女ブメディエンヌ「トルコ入国」映像

   これと関連して、フランスのテロ容疑者女性、ブメディエンヌがトルコ・イスタンブールの空港で入国手続きする映像が見つかった。アラブ風に白い布を頭に巻いていた。その後、8日にシリアに入ったことが確認されたとトルコ外相が明らかにした。

   パリのテロに反対して、フランス全土で370万人という空前のデモが行われ、オランド大統領、ドイツのメルケル首相、イギリスのキャメロン首相はじめ各国首脳がデモの先頭を歩いた。狙撃や自爆テロを考えれば勇気のいることだが、ヨーロッパはやる。

   きのう行われたゴールデン・グローブ賞の授賞式でも、俳優のジョージ・クルーニーが、「きょうは数百万の人々が世界中で行進した。彼らは抗議のためではなく、『怯えながら歩かない』という考えを支持しているのだ。私たちはシャルリーです」と連帯の言葉を贈った。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中